« 「百人一首7番歌 超創作」ストレッチ&体操編 | トップページ | 「百人一首8番歌  超創作」文芸 »

2011年7月 6日 (水)

トンネルを抜けると

053_2

デート するなら
船がみえるトンネル

トンネルを
抜けると
すぐ海だった

みたいな
シチューエーションで

君の そのハートを
つかみどり

@@ @@

「知ってた
きのう 新幹線に

 

外国の蛇が
乗ってたんだって」

何それ 海外旅行?
「違うよ 夏だし」

「この トンネルに
蛇が いたらどうするの」

短パンだし こわいよね

「あたしなんか 
 ぜんぜん平気」

えっ 君の性格を疑うね

もしちょっと
ここで蛇が出たら
こわいじゃん 

「抱きついていい?」
ここは、ボクちょっとこまる

蛇にがてだし
トンネルと言えば
お化けが怖いから

昼間だから
平気だよね
君といっしょだし

複数だし
数の多さで
平気でしょう?

僕らは
一人じゃないから

勇気があるとこ

見せようと
思ったけど
蛇がでたら
こわいな☆

幽霊は
噛みつかないけど、
蛇は噛むよ☆

どうしよう
どうしよう 

いつもの
強気が  ひっこんだ

口だけ
だったら

ボクは うな重
三つも 食べたことあるけど

・・君なんで
一人でどんどん行くわけ!

蛇におそわれるのは
だいたい二番か三番目って
人に聞いたな・・

愛がないな
君の行動

しかし僕は
男だから

言い出しだし
君を御守りします
というナイトだし
なぁ

ガッツ
あって 強い男だし

「この トンネルに
蛇が いたらどうするの」

短パンだし こわいよね

@@ @@

ねえねえ

トンネルの中で
蛇にかまれた
ニュースきかないよね

でも一番さいしょが
ボクだったらどうしようか!
トンネル ここまで来たらね
行くしかないよ

君と二人だし
もし蛇が出たら僕が食われる

・・だけど・・やだなーいけにえなんて・・

長ズボンはいて来れば
長靴はいてくればよかった

・・君なんで
一人でどんどん行くわけ

蛇におそわれるのは
だいたい二番か三番目って

人に聞いたな
愛がないな
君の行動・・

しかし僕は
男だから

言い出しだし
君を御守りします
というナイトだし
なぁ

ガッツ
あって 強い男だし

あのぅ
御守り持ってきたぁ
もしかしてボクの分

<「ない」・・☆>

トンネルなんか
もういやだ

「そら 出た 陸上部
女の子より 早かったんでしょ」

いつもの空腕(そらうで)でで^^

「蛇がでたら
あたしを置いて 逃げる気だね」

そんな ことない・・ぜ

「でたよ! 蛇でた!」

その時ボクは君を抱きしめた

(だってさ ないしょだけど
君が 足踏んでたから)

ボクは空腕(そらうで)で^^
だけど

やる時はやるよ

デート するなら
船がみえるトンネル

でも車がいいな

トンネルを
抜けると
海だった

031

詩の参考イメージは、
ガッツだぜ!!/ウルフルズ by メロフル@J-KEN
☆☆ですが、まるで、歌えないです。ゴメンえ-^^・

○朝のウオーキングをやめていたけど、
また、散歩を始めました。
・トンネルのなかで考えた物語です。

先ず、槇原敬之 -「どんなときも」で、
ちがったのを考えたのですが、

家に帰ってきたら、
徳永英明-「壊れかけのRadio」
になってて、全然イメージが違うのが出来た。

そこで、ウルフルズの「ガッツだぜ!!」へ変更。
内容は大きくかわり、歌に字が収まらずタイムオーバー
になってしまいました。

トンネルの写真も入れるつもりだったのですが、
朝寝坊して、写真撮りに行けませんでした。

代わりの写真です。

空腕(そらうで)という『狂言えほん』を、
「りたりたさん」から教えて頂き、見てみ
ました。空腕とは、空(うつ)ろ語りとい
うか、ありもしない夢を、ほらを吹くように
語ってしまう人のことです。

でも、こういう人って悪気がないと思うんです。
まるで、ボクみたいだから、許せます^^。

|

« 「百人一首7番歌 超創作」ストレッチ&体操編 | トップページ | 「百人一首8番歌  超創作」文芸 »

コメント

トンネルって何か どういうか・・ 入る時も出る時もドキドキしますね^^。
なかには トンネルから風だけを提供しているところもあって、 あの風に真夏にあたると もう風のモノ
になったりします。

三重県に奥深い銅山の跡地の閉鎖されたトンネルの風
とそこの温泉 クーラーも扇風機もいらないです。
凄い・・トンネルの風てこんなのかーと思いました。

投稿: kawasemi | 2011年7月 6日 (水) 12時24分

今晩はぁっ!
リラですっ(^O^)!
海の見えるトンネル。何故か確か鎌倉だと思うんだけど丸く切り抜いた窓。この窓が浮かんだぞなっ!何処だったかなぁ。明月院かなぁ。菖蒲?があるとこ。って菖蒲ならあっちこっちあるもんね。頭のトンネルから抜け出せないっ(^_^;)。でもウサギが頭の中で行ったり来たりしてるから、やっぱり明月院かのぉ〜。。それとも京都か奈良か。

とってもかわゆす詩ねっ!で、すごく面白いぞなっ☆!

舵を取り 叱咤激励 蛇の道
君の腕 するりと抜ける カマクビの手

こっちだよ 君の声聞き 小走りさ


ヒにこだわってみたぞなっ☆!(^_^;)。。

投稿: リラ | 2011年7月 6日 (水) 18時48分

kawasemiさん、こんばんは。

トンネルは、昼間でも暗くて、
中に入ると風が吹いていて、
そこだけは昼でも夜なんです。

*入る時も出る時もドキドキしますね^^。
・これ、すごく分かります。

*トンネルから風だけを提供しているところもあって
・・ですか、そういう風が使えるのは贅沢なところですね。

*凄い・・トンネルの風てこんなのかーと思いました。
・kawasemiさん、凄いな、いい風に当たってるんですね!
 ヽ(´▽`)/

投稿: kawasemiさんへ | 2011年7月 6日 (水) 19時36分

リラさん、こんばんは。

海のトンネルのイメージは、逗子から鎌倉へ入る
あのトンネルの印象がボクには強いです。
車で走っていて出口が全部海だもんね。

明月院の丸窓w
さすがは、うまいとこ連想したね。
そういえば、この窓から菖蒲も
見れるんだよね・行かなかった。
菖蒲もあったんだ・ぁ。

・・京都か奈良、いいですね^^。
リラさんは、そろそろ旅立つのかな。

この丸窓は前に紹介した、海のまん前に立つ
横須賀美術館ぞな。

詩は、けっこういい加減でぇ、

「本当は、リラさんが、この前ポエク
してくれた、『蝉時雨』の詩を、

槇原敬之さんの -「どんなときも」で、
歌ってみたいと考えて家に戻ったのですが、

年というか、何中華^^、
槇原敬之さんと-「どんなときも」
のタイトルが浮かばず・・徳永英明さん
が出て来て検索しちゃったので、
「壊れかけのRadio」で、「蝉時雨」は
ちょっとなー、ということで、ウルフルズ
へバトンタッチ、するとこういった
オトボケの詩になってしまったのです。

槇原敬之さんの-「どんなときも」
の曲に乗せて、「蝉時雨」
再挑戦しますので、乞うご期待。
(もちろん、中身は考えてません)┐(´-`)┌・・・

・但し、忘れたら、ごめんぇ-^^。



 舵を取り 叱咤激励 蛇の道

 君の腕 するりと抜ける カマクビの手

 こっちだよ 君の声聞き 小走りさ


ヘヒにこだわってみたぞなっ☆!(^_^;)。。鯉楽


・この前のイブニングニュースで、
「新幹線の座席に、真っ赤なヘビがいて、
一時電車を停止して、専門家に捕まえてもらった」
ことが映像で流れたんよ!」

これって、ヘビ好き以外の人には、怖いよね^^,
というイメージもあって、トンネルに入って
もし、ヘビがいたら、どうしようって思ったぞな。

蛇は夜行性でのう、朝の砂浜等におりてくるんじゃぁ。
暗いトンネルにいても、不思議でないんよ。


(返しのぽえく)


 舵を取り 弁天様の 宝島

 君の腕 今日のポエクは 蛇い9^^

 ヘビさんよ こっちの道は にーがいよ

       海ton


ヘビver.を、ありがとうやした。ヽ(´▽`)/

投稿: リラさんへ | 2011年7月 6日 (水) 19時46分

★゜・。。・゜゜・。。・゜
こんばんは『そらうで』
読んでくださったんですね。
うれシーーです。
キュンとしたり、イライラしたりの
恋の世界にも そらうでが。
うーーん、うまいなぁ。
刀を振り回す イメージしか
思い浮かばなかった私
自分のことが 寂しくなりました。


☆゜・。。・゜゜・。。・゜

投稿: りたりた | 2011年7月 6日 (水) 22時23分

やっぱり海tonさんの書く詩は
どこかかわいらしいというか・・・
お茶目で素敵☆

トンネルは怖いですよね、長いと。
海へ続くトンネルって言うと
潮の香りがして、ちょっと砂っぽい感じ?
蛇は出なさそうですが・・・
これが山を抜けるトンネルだったら・・・!
蛇、出ますね(>_<)
都会育ちなので生で蛇を見たのは2回かな?
いずれも山でウォーキング撮影中。
こっちに向かって来なくっても
やっぱりヤな感じだった(-_-;)

でも彼女は全然平気!?
御見それしましたm(u_u;)m

投稿: 雪猫 | 2011年7月 6日 (水) 23時24分

りたりたさん、こんばんは。

借りたい本と一緒に、
絵本3冊も予約したのですが、
『そらうで』だけ、先に手に入りました。

・・「そらうで」
という言葉が面白くて使ってしまいました。


・。・この程度の作品では、
忙しいそうな、りたりたさんに申し訳ないと思い、
ボクのブログだけの紹介にしたのです。

・・りたりたさんが、見に来られれるとは、恐れ入りまする。


>刀を振り回す イメージ

・・ははーーあ。りたりた殿。

ボクは弱虫なので・・、
本当は、「刀を振り回す」
野武士・。・
「日吉丸と蜂須賀小六」のお話しなんか大好きです。

今度、『そらうで』の感想などを持って、伺います^^。

投稿: りたりたさんへ | 2011年7月 6日 (水) 23時30分

こんばんは~
 トンネルを抜けると海だった・・・
なんか情景が浮かんでくる可愛い詩ですね^^。
でも、ヘビは苦手

   トンネルの 向こう側には 竜宮城
   青い海 おと姫さまと デートする
   海の中 ヘビはいません 玉手箱
          未ゐ

田舎に住んでると、ヘビには遭遇するんだけど。
嫌ですね

投稿: みい | 2011年7月 6日 (水) 23時35分

雪猫さん、こんばんは。
ボクも文学的な作品を書きたいのですが、
なかなか、カチカチのものは書けません。

雪猫さんは、蛇を2回しか見てない割りに、
けっこう詳しそうですね。

ボクは子どもの頃から、
蛇と喧嘩して育ちました。
山や田んぼ、木の上どこに行ってもいて、
たいてい、喧嘩を吹っかけてくるのは
蛇のほうでした。

もちろん逃げるのだけど、柿の木の上で
むかって来た蛇には柿を投げて応戦しました。

2年ほど前には、1,2mくらいの青大将が、
庭を通り抜けていきました。

・・うちの庭・といっても狭いけど、
冬だったか?・茶色くて大きな蛙がいたからね、

トカゲなんかは当たり前、うっかりすると、
ヤモリが家の中に遊びに来ています。
けっこう、可愛くて、猫にみつからないように、
逃がしてあげます。

ボクなんかは蛇は苦手だけどね、
こういう環境で育った人たちは、
素手ででも平気で、蛇を捕まえちゃうからね。

それでどうするのって、自分の庭へ持って行って、
飼うんだとかいうからね、
「何、番蛇~!」

・・トンネルへ行かなくても、
こわいのどすぇ~。

投稿: 雪猫さんへ | 2011年7月 7日 (木) 00時02分

みいさん、こんばんは。

トンネルを抜けると海だった・・・は、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
という、ノーベル賞作家・川端康成の小説『雪国』の
パロディでした^^。

ボクの知っているトンネルは短くて、トンネルに
入る前から向こう側の海が見えているんだ、
そして「トンネルを抜けると、富士山がばっちりみえるだよ。」

蛇、ボクも苦手ですw


 トンネルの 向こう側には 竜宮城

 青い海 おと姫さまと デートする

 海の中 ヘビはいません 玉手箱

       未ゐ


「海の中 ヘビはいません 玉手箱」
・それが、いるんでやすw
海蛇(温かい海)&うつぼ(岩場の海底)
・・あなご・・八目うなぎ・等など.

前にスキューバーダイビングの資格を
取る試験で、千葉の海へ潜ったら、
うつぼだらけで怖かったって聞いたよ。
くわばらくわばらw


(返しのぽえく)

 竜宮の 海のトンネル 歩いてる 

 アオウミガメ おと姫さまとデートしちゅう

 海の中 やっぱりいない竜宮だもの

        海ton


 そいでも、蛇と争わず、共生しましょう。
まあ、うちには猫の国境警備隊がおりますけども^^。

投稿: みいさんへ | 2011年7月 7日 (木) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「百人一首7番歌 超創作」ストレッチ&体操編 | トップページ | 「百人一首8番歌  超創作」文芸 »