« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

二つ紫陽花

[明月院]

 Cimg2355_640x480

手水鉢 集めて梅雨の 曇りけり 海ton snail

Cimg2313_640x480

Cimg2298_640x480

Cimg2371_640x480

紫陽花の 表札立ちぬ 月の院 海ton

Photo

Cimg2483_640x480

紫陽花や 喉に恋ひい わらび餅 海ton

[写真と句の解説]

・明月院山門に置いてあった手水鉢。
・6月22日(月)は曇りで、紫陽花日和でした。
・明月院の山道のあちこちには、
案内板ならぬ紫陽花が咲いていました。
・明月院通りで、わらび餅を試食したら
美味しくて、お土産に買ってしまいました。

[既存の短歌など]

梅雨ぐもり ただに物うき のみならず
紫陽花の花は 色濃かりけり  岡麓

[東慶寺]

Cimg2411_640x480



Cimg2417_640x480_2

泣きべその 観音を観る 半夏生  海ton

Cimg2449_640x480

Photo_2

Cimg2458_640x480

岩たばこ たつた一輪 咲きにけり 海ton

Photo_3

六月や 今日も待ちたる 菩薩あり 海ton

Cimg2481_640x480

東慶寺 紫陽花参り 奉る  海ton

[写真と句の解説]

・東慶寺に入ってすぐの石仏。
・紫陽花の下には白い葉っぱの半夏生が。
・岩たばこ・たった一輪、残っていてくれました。
・東慶寺奥に鎮座する菩薩二体。
・東慶寺 紫陽花まいり たてまつる。
明月院の紫陽花は男らしく。
東慶寺の紫陽花は優しい。

[既存の短歌など]

昨日より 色のかはれる 紫陽花の
瓶をへだてて 二人かたらず   石川啄木

病監の 窓の下びに 紫陽花が
咲き折をり風は  吹きに行きにけり
 斎藤茂吉

| | コメント (8)

2015年6月24日 (水)

クサフグ川遡上

Photo

トントンと 波音立てし フグのぼる 海ton

 
Photo_2

朝の散歩で海岸付近で泳ぐクサフグを見ました。
次の日はもっと川の奥で、そして今日はもっと
川の上流でみました。

クサフグの幼魚は夏のこの時期、
河口域まで遡上してくるのだそうです。 fish

マイ写真:川であそぶ河豚.

*明月院と東慶寺の紫陽花、
早いうちにご紹介します。

今日は時間がなかったので、これにて。

| | コメント (8)

2015年6月20日 (土)

天気雨に歌ちゃえば2

Photo

寺巡り 百合も笑笑 天気雨 海ton

Photo_2

天気雨 ひよつとして 狐嫁入り 海ton  dogsunraindog

Photo_3

石窯の アンパン食べし 天気雨 海ton goodfastfood

浄妙寺境内には、カフェ&レストランの
石窯ガーデンテラスがあります。

Cimg2259_640x480

ウオーキンングの途中ですので、
「石窯あんぱん/250円税込」を買って
食べました。餡は鶯色、パンは
フランスパンのように固く、
食べ応えがありましたよ。

[おまけ/天気雨]

Photo_5

Photo_6

瑞泉寺へも寄ったのですが、
今回は、これにて。sunrain

マイ写真

| | コメント (8)

2015年6月15日 (月)

天気雨に歌ちゃえば1

Photo_2

鎌倉の 虹を見たかい 花の衆 海ton

Photo_3

六月は 雨の降れ降れ 光触寺 海ton

Photo_4

光触寺 菖蒲畑に 猫澄まし 海ton cat/

(解説)

Photo_5

雨に濡れてまで散歩に出たくない。
そんな僕は、最近、虹を見たこと
がありません。時は6月、ならば
と雨の中、東鎌倉のお寺ウオーキ
ングへ出ました。雨が上がったと
はいえ曇。虹は見れないでしょう。
所が待っていてくれた虹がいたの
です。花菖蒲です。もう花の盛り
は過ぎているものの・花菖蒲は、
ギリシャ語でアイリス(虹)。
英語のイリス(虹色)ですもんね^^/

マイ写真

| | コメント (6)

2015年6月 7日 (日)

こんにちは

昨日の月はもう、雲一つない空に
輝いておりました^^

Photo



Photo_2



Photo_3

 名月を 遊ぶ子猫の イプシロン 海ton

catちょごう♂の方は、よそで
お休みのようでした。
(ベランダに出て、月見してたのか?
風流な奴よ^^)

・・写っているのは、ギンビスの方です。

「こんにちは」

ただ今、お休み中です。
書かない自由を覚えてしまい、
僕も猫に。catにゃーご。

今度ウオーキンングに出たら
記事書くね。

今日のは過去詩につき、
コメント欄は付けません。

ご機嫌よう。

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »