« 2016年2月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

五月雨、誘蛾灯・週一ポエク

0061

五月雨や佐助稲荷の傘一つ 海ton rain


Photo_31

日の暮れてミレーの絵画誘蛾灯 海ton flairshine


マイ写真、鎌倉、佐助稲荷
マイ写真、鎌倉、鶴岡八幡宮
佐助稲荷の傘は、あい合い傘かな?
単なる一本の忘れ傘なんでしょうか?
誘蛾灯、使わなくなった季語とも。
「日の暮れる」というのは、美しさ
もあるんですが、哀愁も感じます。

| | コメント (8)

2016年6月18日 (土)

赤あぢさゐ・週一ポエク

Photo
 
赤あぢさゐ この水飲めませんとあり  海ton
 
鎌倉駅近くの大功寺を歩いておりましたら、
赤い可愛い紫陽花が咲いておりました。
その上の清めの水をたたえた手水場(ちょうずば)
には、「この水飲めません」という札が貼って
ありました。
 
見た通り詠んだのだけど、あぢさゐの赤が、
レッドカードに見えてしまったのでした。
 
・ポエク(ポエムを575で詠む)です。
週一くらいに更新できたらと思います。
Photo_2
 
青紫陽花は、うちの庭のです。^^/
 
・・おまけの物語・・p.p.monti さん.
追憶には秋の夕暮れが合うのかもしれません。
ぽっかりと空いてしまった穴、僕にはあるのかな?
「ありません」cat
それは、羊雲で自分の空の穴を繕ってしまっているからかも。
「僕はね、太陽なんか嫌いなんです!」paper
そう言ってね、ひねくれて、木下闇から、
太陽が自分の上にでることを祈っている。
「ぼくは、僕はねきっと、(太陽)あなたに、
祝福されなければならないんです。」shadow
「おー神よ、僕はなんで、蝙蝠に生まれたのでしょうか?」
(神様の聞こえない声)
・それは君の彼女が素敵なコウモリだからじゃないか)・good
「昼間の世界に生まれたものはいいね。蛍に夢を託せて。」
海ton

| | コメント (8)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年7月 »