« アニーよ銃をとれ | トップページ | 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク »

2016年6月18日 (土)

赤あぢさゐ・週一ポエク

Photo
 
赤あぢさゐ この水飲めませんとあり  海ton
 
鎌倉駅近くの大功寺を歩いておりましたら、
赤い可愛い紫陽花が咲いておりました。
その上の清めの水をたたえた手水場(ちょうずば)
には、「この水飲めません」という札が貼って
ありました。
 
見た通り詠んだのだけど、あぢさゐの赤が、
レッドカードに見えてしまったのでした。
 
・ポエク(ポエムを575で詠む)です。
週一くらいに更新できたらと思います。
Photo_2
 
青紫陽花は、うちの庭のです。^^/
 
・・おまけの物語・・p.p.monti さん.
追憶には秋の夕暮れが合うのかもしれません。
ぽっかりと空いてしまった穴、僕にはあるのかな?
「ありません」cat
それは、羊雲で自分の空の穴を繕ってしまっているからかも。
「僕はね、太陽なんか嫌いなんです!」paper
そう言ってね、ひねくれて、木下闇から、
太陽が自分の上にでることを祈っている。
「ぼくは、僕はねきっと、(太陽)あなたに、
祝福されなければならないんです。」shadow
「おー神よ、僕はなんで、蝙蝠に生まれたのでしょうか?」
(神様の聞こえない声)
・それは君の彼女が素敵なコウモリだからじゃないか)・good
「昼間の世界に生まれたものはいいね。蛍に夢を託せて。」
海ton

|

« アニーよ銃をとれ | トップページ | 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク »

コメント

こんばんはっ!
紫丁香花ですっ(^。^)!。。

赤紫陽花、かわゆすね〜。。
わたしめには太陽に見えたよ。。
ポエ句、いいねっ✳!

雨上がり 赤紫陽花が 輝いて sweat02shine

(^^;;。。はしどい

投稿: 紫丁香花 | 2016年6月18日 (土) 16時38分

もう一句浮かんだぞなもし。

雨上がり 赤紫陽花に 頬染めて

(^^;;。。はしどい

投稿: 紫丁香花 | 2016年6月18日 (土) 16時39分

こんばんは。
紫丁香花さん、お久しです!happy01

>雨上がり 赤紫陽花が 輝いて 

(^^;;。。はしどい

・・うちの紫陽花は、エントランスの右が赤。
左が青色だったんだけど、右側のが花を咲かせ
られず、うちは青色、紫色ばかしです。

>わたしめには太陽に見えたよ。。

・ソレイユ (soleil) かのう。
フランス語で太陽の意味とか。sun

ソレイユの 水辺に生まる 水華なる 海ton

あゝ、

>雨上がり 赤紫陽花が 輝いて 

(^^;;。。はしどい

・紫丁香花さん、ポエク、
サンキュとでした~。smilenote

投稿: 紫丁香花さんへ | 2016年6月18日 (土) 19時14分

こんばんは2.

>雨上がり 赤紫陽花に 頬染めてwink

(^^;;。。はしどい

・これは、秀句ぞな。
女性ならではの視点!

ここだけ、
あっちで特選取ったのは、
「なんかな、野の実を口に当てた奥さんの唇・」
みたいな句が、他をぶっちぎりだったので、

おそらくリラさんの句、
入選狙えるかもねん。shine
選者は女性だったから。

お忙しい中、
あっという間に二句、
ありがとさまでした。japanesetea

投稿: 紫丁香花さんへ | 2016年6月18日 (土) 19時19分

海tonさん♪

お久しぶりです。
お変わりありませんか?

紫陽花の美しい季節ですねshine
このところ晴天が続き
昨晩はお月様がにっこり顔を出しましたねmoon1

投稿: p.p.monti | 2016年6月18日 (土) 20時53分

p.p.monti さん、
こんばんは。

こちらこそご無沙汰しておりました。
>お変わりありませんか?

・・万物が変化しているように、
僕の歩みも若干少しずつかわって来ているかもです。
そうですか、月を観察ですか。
・・昨夜の僕は、テレビを観て寝ちゃったもんね。thinkcat

この季節は、紫陽花が主役。
家でも寺さきでも愛でておりまする。
てか、心に花束をもらっているかも。

暑さ厳しきみぎり、御身大切に。japaneseteabanana

投稿: p.p.monti さんへ | 2016年6月18日 (土) 21時20分

こんばんは

 お久しぶりです!
いつもコメントありがとうございます。
ブログ再開されたのですね^^。

海tonさんちのブルーの紫陽花きれいですね!
この時期、どこでもアジサイ鑑賞が出来ます。
梅雨の楽しみね。

梅雨空を 押し上げて咲く 毬の花 みい

 梅雨空のその上では夏の太陽が待ってますねsun


投稿: みい | 2016年6月18日 (土) 22時04分

おはようございます。

梅雨空を 押し上げて咲く 毬の花 みい

 梅雨空のその上では夏の太陽が待ってますねsun

・・あぢさゐの、いがいとどっしりとした、
「毬の花」の感じ、「梅雨空を 押し上げて咲く」
という気づきが、とってもいいです。

そうなんだ! 前の句の、紫丁香花さんの句といい。
みいさんのこの句の読みの深さに、
僕なんぞの句は、ぜ~んぜん、奥深さが足りない。
そう思い知りましたよ。coldsweats01

友ありて 気づくもかぬも よひらかな 海ton

良い句を、ありがとうございました。notehappy01

投稿: みいさんへ | 2016年6月19日 (日) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニーよ銃をとれ | トップページ | 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク »