« 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク | トップページ | メモから クマリン »

2016年7月 2日 (土)

週一ポエク・選ばれなかった句たち

Photo
若宮のすくすく御座(おわ)す夏木立 海ton
0221
これ蓮よ池に生まれし桃太郎 海ton


 
039_31
ピンチ来て一呼吸なり風薫る 海ton
1・
段葛の桜の木が今年、若い桜に
植え替えられまして、何とかこれ
で一句をと思いスマホでですが、
写真まで撮り出した句ですが、
褒められることもなくぅ。。
2・
これは俳句を作っている方には
絶対に受けないと思ったのですが、
「腹の底で思っている気持ちを言っ
てみたかったのござりまする。」
3・
「ちはやぶる一呼吸なり風薫る」
の方が良かったでしょうかな?
えっ、どっちも大して変わらない
とな。
・僕は、ポエクの道を歩いてますが、
俳句の道半ば、道始めか、厳しい
スタートでごじゃりまするぅ。
*蓮の花が咲いている写真が良かったのですが。
 写真はマイ写真(三枚目はカシオスクエアに
て加工してあります)
 再~来週またね。
*来週はお休みします。
(平塚七夕へ行くため)




・・おまけの物語・・p.p.monti さんとこの連想.

[銀河のドラゴン]
人は滝をみて竜を創造したんだね。
だけど竜はね、海に住んでいたんだ。
「タツノオトシゴ」という。coldsweats02
 
水がどんどん上がって行くとね、
雲になるんだ。cloud
それから上へは上がれない、
上にいったら冷えて氷になって、
水になって、雨や霧になるからね。snow
でもね、もっと上に行くとしたら、
彗星になるかもね。。shinerain
それは、やっぱりドラゴンなのさ。
そのドラゴンはブルー。penguin
おそらく、銀河というドラゴンだから。

|

« 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク | トップページ | メモから クマリン »

コメント

こんにちはっ!
紫丁香花ですっ(^。^)!

どの句も、清々しい風が吹いて爽やかな感じの
句だと思うぞなもし。😀。。

選ばれなくても、わたしめは好きじゃな。
楽しければいい世界で無いようで、
大変じゃな。。
応援してるさかい、頑張ってなぁ。。🌷。。

若宮の 緑香るは 歯の白き

(^^;;。はしどい

投稿: 紫丁香花 | 2016年7月 2日 (土) 14時14分

こんにちは。
コメント(人''▽`)ありがとうな☆

うんでも、
心を大きく、
「郷(ごう)に入っては郷に従え」
「人の振りみて我も振り真似」
じゃけんのう。で行きやす。

>若宮の 緑香るは 歯の白き

(^^;;。はしどい

・えっ、!
「歯」・・「葉」かのう。
もしかするとその葉は、白い半夏生!

 若宮に こんがりやけた 狐たつ
 笑いころげて 歯の白きこと 海ton


(人-)謝謝(-人)
あもり(天降る)ませ~。
紫丁香花さまの、
応援に大感謝ざます。
「みこころやすく(身心安)」
ぞな~。

投稿: 紫丁香花さんへ | 2016年7月 2日 (土) 14時46分

こんばんは

 >若宮のすくすく御座(おわ)す夏木立 海ton
さわやかな感じがしますねgood
 若宮の天を目指して夏木立 みい

>これ蓮よ池に生まれし桃太郎 海ton
蓮の花の咲くころですね。
見に行かなくては^^。
蓮の花って、そういえば桃みたい^^。
桃太郎が出てきたら
楽しくなるねnote

>「ちはやぶる一呼吸なり風薫る
こちらもいいと思いますよgood

暑くなってきましたねえ。
ご自愛くださいませ。


 

投稿: みい | 2016年7月 2日 (土) 21時51分

おはようございます。

>若宮の天を目指して夏木立 みい

・うんうん、happy01
そうそう、天を目指してる感じ。
僕も、そう思ったんですよね!
木立の最初のは凛と伸びて、
七夕の竹飾りのようですもん。

・蓮の蕾や花は大きくて、
桃太郎は蓮から生まれた、
蓮の葉っぱに乗って流れて来たのかしら?
なんて。共感、ありがとう。

・ちはやぶる・
歌編を紫丁香花さんにお願いしておりまする。
いずれ、発表されるかも。

みいさんも、ご自愛ください。
夏は特に、猫ズが風邪をひかないよう
注意しています。
ルナ姫やトラ王子も、夏風邪ひかないでね!dogcat

投稿: みいさんへ | 2016年7月 3日 (日) 06時18分

こんばんは♪
久しぶりの鎌倉風景です^^

>若宮のすくすく御座(おわ)す夏木立

<私が鎌倉にひとかたならぬ思い入れがあるのは
 実朝が好きだからなのです。
 この句を詠んで、在りし日の健やかなる若君の姿を思いましたwave

>これ蓮よ池に生まれし桃太郎

<ふふふ。色白の桃太郎さんですね〜happy01

熱い日が続きます。
ご自愛くださいねpaper

 

投稿: p.p.monti | 2016年7月 3日 (日) 22時18分

おはようございます。

実朝鎌倉右大臣さんが好きだったのですね。weep
鎌倉の怪童悪童渦巻くなかで唯一
鎌倉右大臣は愁いがございます。wave
・・僕的には、北条以外、
みんな悲しい。。末路。でごじゃります。

僕はそれでも鎌倉で模様される句会の末席に
入れてもらいました。
今後とも鎌倉で想った句が週一で入ります。
お感じになられた時にはまた是非こちらへ
足をお運びくださいまし。horse

投稿: p.p.monti さんへ | 2016年7月 4日 (月) 07時13分

おはようございます♪

あなとくるむ・ドラゴン
ご紹介いただき光栄にごじゃりまする o(_ _)oペコッ

>・・僕的には、北条以外、
みんな悲しい。。末路。でごじゃります。

<ほんとに・・
でも、実朝の作った和歌は後世までその精神を
伝えてくれます。皆様安らかに、と願うばかり。

>僕はそれでも鎌倉で模様される句会の末席に
入れてもらいました。

<おめでとうございます!
素敵ですねshine
鎌倉育ちの子供達を楽しみに待っておりますconfident

投稿: p.p.monti | 2016年7月 5日 (火) 07時53分

おはようございます。

ご丁寧に折り返しコメント、
痛み入りまする。

>ほんとに・・
でも、実朝の作った和歌は後世までその精神を
伝えてくれます。皆様安らかに、と願うばかり。


百人一首の中におさめられている、

世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ
海人の小舟の綱手かなしも

         鎌倉右大臣(93番)

こんな歌も、

大海の磯もとどろに寄する波
割れて砕けて裂けて散るかも

 源実朝さん、やはり藤原定家を師と
あおいでいたためか、のちに方丈記を
書き留めた鴨長明が鎌倉に来たのに、
歌の指導を断ってしまったんですよね。
鴨長明ファンとしては残念。
・・鴨長明もこれが悔いになっていて、
方丈記の中に記しています。
悔しさがにじんでいるかな。japanesetea

>鎌倉育ちの子供達を楽しみに待っておりますconfident

・ありがとね、でもね。
僕は今、百人一首の方にも傾倒してましてね、
いずれその百人ファッションについて、
p.p.monti さんのアートパワーを
お借りできたらと思いまする。

仔細は時期が来ましたらお教えいたしまする。
 o(_ _)oペコッ~

投稿: p.p.monti さんへ | 2016年7月 5日 (火) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月雨、誘蛾灯・週一ポエク | トップページ | メモから クマリン »